柏艪舎のオススメ本プレゼント〈5月〉(2016-05-10)


柏艪舎のオススメ本プレゼント〈4月〉(2016-04-01)


第19回鈴木邦男シンポジウム(2016-03-11)


柏艪舎のオススメ本プレゼント〈3月〉(2016-03-01)


『箱根を駆け抜けた青春』メディア掲載情報(2015-05-21)(2015-05-21)


『A戦場のマリア』 メディア掲載情報(2015-03-16)


〈100歳以上の方、大募集!〉(2013-05-15)


教科書で教えたい
真実の中国近現代史

宮脇淳子:著

定価(税込):1836円

日中関係論者のカリスマ! 宮脇淳子氏の最新刊!!

近年悪化の一途を辿る日中関係。
その原因はどこにあるのか? 
また、この関係は修復が可能なのだろうか?
右派的論調を封印し、近現代における日中間のしがらみを冷静に分析する
――宮脇氏渾身の一冊。



極北×13+1

ジム・ハリスン:著

友田葉子:訳

定価(税込):2052円

インターカレッジ札幌第7回翻訳コンクール最優秀者 翻訳作品

アッパー半島で伐採王として財を成したバーケット家に生まれ、何かと問題の多い両親に対する歪んだ愛憎に悩む主人公デイヴィッドの、10代から30代(60年代~80年代)までが綴られた成長記。
ミシガンの美しく雄大な自然を舞台に、デイヴィッド青年と彼を取り巻く12人の人々、そして愛犬の姿をとおして、青春時代の生臭さ、激しさ、切なさが鮮烈に描き出されている。



モンゴルのゆうぼくみん

福士瓔子:訳

D.ラクチャ:訳

トゥルムンフ.B:絵

定価(税込):1296円

柔らかな絵と文章で綴られた、モンゴルの遊牧民の暮らし。

モンゴルで偶然出会い、雄大な自然に寄り添う遊牧民の暮らしを日本の子ども達にも紹介したいという想いで訳した一冊。



お金が好きな人のための聖書入門

古賀清敬:著

定価(税込):1404円

お金の話題が多い聖書から、お金との向き合い方を学ぶ。

もくじ
はじめに
第一章 お金と宗教
第二章 お金と自由と命
第三章 お金と人間関係
第四章 お金と愛
第五章 お金の使い方
あとがき



ターコイズ・ブルーの海から
若き医師が見たドーハ/ロンドン

日高 誠一:著

定価(税込):1512円

心臓内科医の高みを目指して海外へ飛び出した男の自伝エッセイ!

ドーハ、長崎、ロンドン等での医師生活を経た後、帯広で開業。
30数年前の海外生活を回顧するエッセイを機関誌「詩とエッセイ 千年樹」に
2000年から15年にわたり掲載。



海と陸からの恵み
水産学博士の参議院議員が切り拓く日本の食の最前線!

横山信一:著

定価(税込):1300円

政治家である前に、研究者であり、人間である横山信一の真骨頂がここにある。

世界無形文化遺産に登録された「和食」、その美味しさの基本にある食材の生産現場で様々な課題に取り組み、解決策を打ち出していく。
議員自らが食の現場、政治の現場の生の声を伝える。



谷川流―教師の本懐

谷川 勝男:著

定価(税込):2052円

現在の教師、そして小中学生の子供を持つ親にこそ読んでもらいたい。

いじめ問題、家庭や進路の苦悩、教員同士の確執、学級崩壊―
37年間の教師生活を振り返った時、そこには時代を超え、普遍的ともいえる“人間”の問題が存在していた。
しかし、絶望的とも思える荒れ狂う波間にも、掛け替えのない宝石のような一瞬が確かに存在していた。
生徒たちと正面から向き合い、手を焼かされることにさえ無上の喜びを感じた一人の教師の回顧録。



私の中の深田久弥
「日本百名山」以降の北の山紀行

滝本幸夫:著

定価(税込):1512円

すべての山男の中に、深田久弥は生き続けている。

山を愛し、山で逝った深田久弥。
『日本百名山』を記したのち、久弥が踏破した北の山々を主題に綴られる、山男たちの魂の交流――。
久弥を北海道に呼び寄せた男が、40年の歳月を経てまとめ上げた鎮魂の書!



文とおじいちゃんの歴史の旅

合田一道:著

合田文:著

定価(税込):1296円

おじいちゃん、おばあちゃん。孫を連れて、旅に出よう!

ノンフィクション作家合田一道が5歳の孫と歴史上の人物ゆかりの地を旅した8年間の記録。



いとど遙けし

蜂谷涼:著

定価(税込):2160円

主君の命、武家の面目、女の意地。それらが三様にからみ合い、女隠密の哀しい宿命の花が咲く。

敗者の美学”を描ききる書き下ろし長編時代小説、『落ちてぞ滾つ』に続く、待望の連作第2弾!



日本の分」について考える2
鈴木邦男シンポジウム3・4

鈴木邦男:著

山口二郎:著

藤野彰:著

定価(税込):1512円

山口二郎が語る「民主主義の危機」と藤野彰が語る「中国問題」

今、日本が直面している最も大きな問題について、鈴木邦男が真正面から二人に切り込む。札幌時計台ホールで繰り広げられた熱い対談2本を収録。



北の墓 上巻
歴史と人物を訪ねて

合田一道・一道塾:著

定価(税込):1944円

墓マイラー必携! 北海道にまつわる歴史上人物の墓200選!

上巻には、北海道の黎明期から維新期、明治、大正まで、下巻には、昭和期から平成の現在までの北海道に関わる人物をそれぞれ一〇〇人(基)を掲載。人物の歩み、墓及び墓碑までの道のり、命日、戒名(法名)、諡号まで掲載。
今日、北海道に生きることの奇跡を感じる一冊。



北の墓 下巻
歴史と人物を訪ねて

合田一道・一道塾:著

定価(税込):1944円

墓マイラー必携! 北海道にまつわる歴史上人物の墓200選!

上巻には、北海道の黎明期から維新期、明治、大正まで、下巻には、昭和期から平成の現在までの北海道に関わる人物をそれぞれ一〇〇人(基)を掲載。人物の歩み、墓及び墓碑までの道のり、命日、戒名(法名)、諡号まで掲載。
今日、北海道に生きることの奇跡を感じる一冊。



異郷
E・ヘミングウェイ短編集

E・ヘミングウェイ:著

山本光伸:訳

定価(税込):1620円

ヘミングウェイ生前未発表の短・中編全7編が新訳で甦る。

わたし自身、いつかはヘミングウェイの小説を翻訳してみたい
という思いを抱いてきたが、この翻訳書を前にして、
その願いは諦めなければならないかもしれない。
いまはただ、純粋な気持ちで、
すばらしいヘミングウェイ訳者の登場を心から祝福しよう。
                      (推薦文より)



「キリマンジャロの雪」を夢見て
ヘミングウェイの彼方へ

今村楯夫:著

定価(税込):1620円

日本ヘミングウェイ協会顧問がヘミングウェイの愛したアフリカをたどる!

ヘミングウェイは生涯、アフリカを心の底から愛し、
アフリカの大地と自然に魅了されていた。
そして『老人と海』を書き上げると、翌年、ふたたび
アフリカに旅立った。
『老人と海』のサンチャゴは夢の中でアフリカを見ていたが、
作者、ヘミングウェイは自ら、アフリカに出かけて行ったのだ。
アフリカの大地と自然のいったい、
何がヘミングウェイの心をとらえていたのか。
それはケニアとタンザニアと、ヘミングウェイの体験した
固有の土地と人びとと共に、アフリカ大陸というあの大きな大陸
そのものの風土に心を奪われたように思われる。



「日本の分」について考える
鈴木邦男シンポジウム1・2

鈴木邦男:著

鈴木宗男:著

中島岳志:著

定価(税込):1512円

鈴木宗男が語る「北方領土問題」と中島岳志が語る「右翼の系譜」

鈴木邦男だからこそ聞きだせる話がここにある。「鈴木邦男シンポジウムin札幌時計台」の熱気がそのまま詰まった一冊。

「時計台シンポジウム」をまとめた本の第一弾として、この二人は最もふさわしい。こんなに刺激的で、魅力的な話はなかなか聞けない。その会場の熱い興奮が、そのまま詰まった本になった。(鈴木邦男 あとがき より)



R・チャンドラーの「長いお別れ」をいかに楽しむか
清水俊二vs村上春樹vs山本光伸

山本光伸:著

定価(税込):1512円

翻訳家山本光伸がチャンドラーの三者の訳を通し翻訳のコツを伝授

R・チャンドラーの『長いお別れ』を肴に今宵一献――
ワイン、日本酒、コーヒー……それともやはりギムレット?

あなたは三者三様のフィリップ・マーロウに会えるだろう



この星に生まれたいの

原子 修:著

たかたのりこ:絵

定価(税込):2160円

雪ちゃんのお手紙 日・英・独・仏 四ヶ国語でつづる大人のための絵本

空から降ってきた手紙は、放射能を撒き散らすこの国に生まれる勇気が出ない雪ちゃんからのものだった。
日、英、独、仏、四ヶ国語でつづられる大人のための絵本。



地方が輝くために
創造と革新に向けての地域戦略15章

小磯 修二:著

定価(税込):1620円

地方の醍醐味と可能性 理論と実践からの提言

閉塞状況にある硬直したいまの社会システムに新しい元気と活力を与え、地方から日本を変革する。
疲弊が進む「地方」の活性化に向けて活動を続けてきた著者が、豊かな経験と分析を交えて地域戦略を提言する。



人間キリスト記
或いは神に欺かれた男

山岸外史:著

定価(税込):1944円

太宰治の心の師、あの山岸外史の名著がいま甦る!

山岸外史の「人間キリスト記」をもっと、たくさんの人に読んでもらいたい、と思っている。(中略)
これは、問題の本である。たくさんの人に読んでもらいたいのである。
まず、いまは私は、それをお願いする。
(太宰治「『人間キリスト記』その他」より)



老人と海

E・ヘミングウェイ:著

中山善之:訳

定価(税込):1620円

何度も読み返したくなる本がある

シリーズ・世界の文豪 第3弾! 
ノーベル文学賞作家によるピュリツァー賞受賞作品

E・ヘミングウェイ不朽の名作にして、
今日なおアメリカ文学の最高峰と
称される『老人と海』を新訳で完全復刻。



「嫌中」時代の中国論
異質な隣人といかに向きあうか

藤野彰:著

定価(税込):1944円

「中国嫌い」でも「中国知らず」ではすまされない!

 政治・経済をめぐって日中情勢が激変するさなか、日本人の中国に対する見方は悪化の一途をたどっている。
 しかし「真の中国」の姿はどれだけ知られているだろうか?



太宰治 母源への回帰

原子 修:著

定価(税込):1836円

20世紀の縄文人――太宰治

太宰治を母源喪失の観点から分析する、
かつてない太宰治論。




感動!! 北海道の祭り大辞典

中尾則幸:著

定価(税込):2052円

総力取材8年! 感動の「北海道の祭り」63を一挙掲載!!

元STV伝説のディレクターが渾身のルポ!
迫力の祭りを納めた45分のDVD付き。



てけれっつのぱ

蜂谷涼:著

定価(税込):1944円

「やりやがるねェ!」思わず出たのがこの言葉掛けた呪文は“てけれっつのぱ”  二代目林家三平氏推薦!

明治時代前期、近代日本の夜明け――旧い時世、古い人間関係を引きずりながら、新しい時代、まだ見ぬ世界を目指し、俥曳きの銀次がひた走る。