伝えたいアイヌ民族の紋様

文化は、継承されなくてはならない

長年アイヌ文化の伝承と作品制作活動に携わってこられた、小川早苗氏と加藤町子氏のコレクションを纏め、アイヌ民族に伝わる独特の紋様・文化を後世に残す願いをこめて編んだ珠玉の一冊。

小川早苗
エテケカンパの会会長、アイヌ文化伝承の会手づくりウタラ主宰として、アイヌ文化の伝承活動に尽力してきた。特に、アイヌ文様や刺繍の作品展を国内外で精力的に開催し、伝統工芸品の復元、展示公開をとおして、アイヌ文化の伝承・保存並びにその振興に寄与した。現在は後進の指導育成とアイヌ文化の普及啓発に積極的に取り組んでいる。
 
加藤町子
小川早苗氏の妹。20代の頃よりアイヌ刺繍を始め、以来、アイヌ刺繍家として長きにわたり、伝統的なアイヌ衣服全般の制作、アレンジした現代的なアート作品を手がけてきた。作品は内外から高く評価され、同胞や一般市民にアイヌ刺繍を広めた先駆けであるとともに、指導者として多くの刺繍家の育成にも尽力している。


小川早苗/加藤町子:編

発売月:2020年02月

定価:2860円(税込み)
A4判、ソフトカバー
頁数:152ページ
ISBN:978-4-434-27027-7 C0072