亀と蛇と虹の寓話

丸山健二文学賞 第2回受賞作品


絶海の南の孤島に生きる3人は現実社会での生活を棄て、丸裸で、
自然に採れるものを食べ、“彼女”を共有し、人間とは何か、
性とは何か、生とは何かを模索する。理性と狂気と幻覚が交錯する。



南海の孤島における、男女三人の生と性の営み。
彼らはやがてさらなる高みへと飛翔する。
時来たらば蚕が繭を破って羽化登仙するように、
人は肉体の繭をかなぐり捨てて天に昇る。
なんの不思議、なんの不安があるだろう。

 ご購入はこちら

【著者紹介】
東 賢次郎(ひがし けんじろう)
1966年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒。
出版社勤務をへて、京都へ転居。
著書に短編集「レフトオーバー・スクラップ」(冬花社2009年刊)


東賢次郎:著

発売月:2018年04月

定価:1700円(税込み)
46版 ハードカバー
頁数:192ページ
ISBN:978-4-434-24562-6 C0093