スペースシャトル・コロンビア号事故 1.16の真実

ここにアメリカ分裂の危機が予言されている

報道の裏側にある真実から、目をそむけてはならない。

 2003年1月16日にフロリダから打ち上げられたスペースシャトル・コロンビア号は、2月1日の帰還時に空中分解し、搭乗員全ての命が失われた。
 事故原因は断熱材の破片によるものと調査委員会より発表されたが、これは真実なのだろうか。
 打ち上げ当日、現場に居合わせた著者が、本当の事故原因と、それにまつわる因縁めいた出来事を語る。

【著者紹介】
ノベンバー・サゲヤ
1955年6月 北海道十勝生まれ。
1974年 帯広三条高校理数科卒業。
1978年 読売新聞奨学生として勤務しながら札幌商科大学卒業。その後も読売新聞店で勤務する。
趣味の航空機撮影のため海外空港を何度も訪問している。
 
【目次】
はじめに
第1章 2003年1月16日の「この時」
第2章 コロンビア号の事故とその検証の疑問
第3章 事故調査最終報告書を受けて
第4章 スペースシャトルの飛行再開へ向けて
第5章 スペースシャトル計画終焉へ
第6章 スペースシャトルの名誉回復と復活へ
第7章 コロンビア号事故は国際情勢を予言している
第8章 宇宙生活にも重力を
おわりに


ノベンバー・サゲヤ:著

発売月:2017年09月

定価:1296円(税込み)
46版 ソフトカバー
頁数:200ページ
ISBN:978-4-434-23773-7 C0093