教科書で教えたい

真実の中国近現代史

日中関係論者のカリスマ! 宮脇淳子氏の最新刊!!

近年悪化の一途を辿る日中関係。
その原因はどこにあるのか? 
また、この関係は修復が可能なのだろうか?
右派的論調を封印し、近現代における日中間のしがらみを冷静に分析する
――宮脇氏渾身の一冊。

〈【9月15日配信】特別番組「教科書で教えたい真実の中国近現代史」【チャンネルくらら】→こちら

【目次】
序章 尖閣問題とは何か
第1章 「中国」とは何か
第2章 近代以前の歴史
第3章 アヘン戦争の衝撃
第4章 清の衰退:太平天国の乱と第二次アヘン戦争
第5章 洋務運動と日本の明治維新――清はなぜ日清戦争に負けたのか
第6章 孫文にまつわる真実と嘘――辛亥革命から国共合作へ
第7章 二十世紀前半の日中関係史


「Will」誌(2016年9月号)


宮脇淳子:著

発売月:2016年04月

定価:1836円(税込み)
46版
頁数:282ページ
ISBN:978-4-434-21943-6 C0095

商品を購入する
アマゾンで購入