「キリマンジャロの雪」を夢見て

ヘミングウェイの彼方へ

日本ヘミングウェイ協会顧問がヘミングウェイの愛したアフリカをたどる!

ヘミングウェイは生涯、アフリカを心の底から愛し、
アフリカの大地と自然に魅了されていた。
そして『老人と海』を書き上げると、翌年、ふたたび
アフリカに旅立った。
『老人と海』のサンチャゴは夢の中でアフリカを見ていたが、
作者、ヘミングウェイは自ら、アフリカに出かけて行ったのだ。
アフリカの大地と自然のいったい、
何がヘミングウェイの心をとらえていたのか。
それはケニアとタンザニアと、ヘミングウェイの体験した
固有の土地と人びとと共に、アフリカ大陸というあの大きな大陸
そのものの風土に心を奪われたように思われる。

【目次】
はじめに
空からの眺め
風景の中を歩く
一期一会 人と所と
風土病の恐れ
神々と呪術の世界
ベナン断章
オン・ザ・ロード
キリマンジャロの麓でパリを想う
ベナン前後 パリにて
ジヴェルニーを訪ねて
旅を終えて 『老人と海』再読
あとがき

【オビ表】
1930年代と50年代にヘミングウェイが体験したアフリカ……。
『老人と海』を書き上げた彼はなぜ、アフリカへ向かったのか。
ヘミングウェイの愛したアフリカを訪ねる!

道のむこうの小屋では老人はふたたび眠っていた。
依然としてうつ伏せのままだった。
少年は傍らに立って、老人を見つめていた。
老人はライオンの夢を見ていた。(「老人と海」より)

【オビ裏】
ヘミングウェイは生涯、アフリカを心の底から愛し、
アフリカの大地と自然に魅了されていた。
そして『老人と海』を書き上げると、翌年、ふたたびアフリカに旅立った。
『老人と海』のサンチャゴは夢の中でアフリカを見ていたが、
作者、ヘミングウェイは自ら、アフリカに出かけていったのだ。
アフリカの大地と自然のいったい、
何がヘミングウェイの心をとらえていたのか。
それはケニアとタンザニアと、ヘミングウェイの体験した
固有の土地と人びとと共に、アフリカ大陸というあの大きな大陸
そのものの風土に心を奪われたように思われる。(「はじめに」より)


 【著者略歴】
今村楯夫(いまむらたてお)1943年静岡県生まれ。ニューヨーク州立大学大学院博士課程修了。東京女子大学名誉教授。専門は現代アメリカ文学。主な著書は『現代アメリカ文学―青春の軌跡』(研究社)、『ヘミングウェイと猫と女たち』(新潮社)、『お洒落名人ヘミングウェイの流儀』(共著、新潮社)、『ヘミングウェイ大事典』(監修、勉誠出版)など。現在、日本ヘミングウェイ協会顧問。日本におけるヘミングウェイ研究の第一人者である。


今村楯夫:著

発売月:2014年04月

定価:1620円(税込み)
46版 ソフトカバー
頁数:184ページ
ISBN:978-4-434-19035-3 C0095

商品を購入する
アマゾンで購入